行田泉サッカースポーツ少年団

PROFILE
活動方針
活動紹介
活動報告
試合申込書
体験入団希望
入団申込書
LINKS
MAIL
  トップページ活動方針>団員規約



行田泉サッカースポーツ少年団規約
第1条(名称)
本団体は行田泉サッカースポーツ少年団(以下本団という)と称す。

第2条(事務所)
本団の事務所は別に定める「行田泉サッカースポーツ少年団」代表宅に置く。

第3条(目的)
本団は日本スポーツ少年団の目的に従い、地域の学校教育活動外においてスポーツを通じて青少年の心身の健全な育成に寄与することを目的とする。

第4条(活動)
本団は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
@サッカーの競技を主とする各種スポーツ活動
A他団体との交歓、交流活動
B各種レクレーション活動
Cその他目的に合致する諸活動

第5条(構成)
本団は小学校に通学する児童と指導員で構成する。 
また、準団員として未就学児の加入ができる。但し、保護者同伴とする。
なお、代表が認めた場合はこの限りでない。

第6条(登録)
本団への加入は所定の登録用紙に必要事項を記入した上、別に定める会費を添えて育成会会長へ提出することにより登録される。
なお、本団の方針に合わない団員は、代表の勧告により退団もありうる。

第7条(有効期限)
加入登録の有効期限は登録を受けた日からその年度末(3月31日)までとする。

第8条(指導員)
本団には活動を指導するため、団長1名及び若干名の指導員を置く。
団長は本団を代表し、本団を統括する。
代表は指導員の中から指導員の公選で選任し、指導員の選任は代表が行う。

第9条(指導員の任務)
選任された指導員は本団の方針に従い、スポーツ少年団としての目的を達成するために団員の活動を指導する。
また、指導員はボランティアを原則とし、活動に必要な研修費、旅費、登録費、保険料などの諸経費以外のいかなる報酬も受けてならない。

第10条(会費)
団員の会費は1人当たり15,000円とし、毎年4月に前期分・8月に中期分・12月に
後期分として各々5,000円を納入する。

第11条(ユニホームリース料)
入団時に、ユニホームリース料として3,000円を徴収する。(1回限り)
卒団を待たずに退団した時でも、返金はしないものとする。

第12条(会計)
団の会費はこれを全期、育成会の会計に繰り入れ、その収支決算は育成会が行う。

第13条(規約の改訂)
この規約は育成会総会の3分の2以上の賛成により改訂できる。

(平成18年5月13日 改訂)
(平成23年3月20日 改訂)
(平成24年3月18日 改訂)

行田泉サッカースポーツ少年団育成会規約
第1条(名称)
本団体は行田泉サッカースポーツ少年団育成会(以下会という)と称す。

第2条(事務所)
本会の事務所は、会長宅に置く。

第3条 (構成)
本会行田泉サッカースポーツ少年団に登録した団員の保護者および同団の活動目的に賛同する有志によって構成される。

第4条(目的・権限)
本会は行田泉サッカースポーツ少年団の活動を育成、援助することを目的とする。

第5条(活動)
本会は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
行田泉サッカースポーツ少年団の運営全般において
@団の諸活動(練習・交流・対外試合など)への援助
A指導員の資質向上のための援助
B会員相互の親睦活動
C各種の連絡事務および広報活動
Dその他団の育成に必要な諸活動

第6条(役員)
本会には次の役員を置く。
@会長(会の統括)1名
A副会長(会長の補佐・代行)1名
B会計(会計事務)1名
C書記(書記)1名

第7条(役員の選出)
前条の役員は育成会の総会において、会員の互選により選出する。

第8条(役員の任期)
役員の任期は1年とする。但し、再任を妨げない。
役員に欠員が生じた時は役員会で協議し、これを補充する。

第9条(役員会)
役員会は日常生活の推進に際し、必要に応じて会長が召集する。
なお、役員会にはオブザーバーとして指導員が出席できるものとする。

第10条(総会)
育成会の定期総会は毎年3月の任意の時期に、また臨時総会は必要に応じてその都度、会長が召集する。

第11条(会計)
本会の会計は行田泉サッカースポーツ少年団の会費、寄付金、補助金、およびユニホームリース料によって賄う。

第12条(会員の誓約事項)
本会の会員は行田泉サッカースポーツ少年団の活動が青少年の心身の健全な育成に寄与することを理解し、
@会員相互の諸事情を十分理解し合いながら、合議決定の遂行に協力する。
A会員は全員財団スポーツ安全協会の保険に加入しなければならない。
  保険料は実費とする。
  また、諸活動の中で万一事故が発生した場合には、紳士的かつ友好的に問題解決を図る。
B試合時の送迎者の保険は、希望者のみ加入する。

第13条(慶弔金)
親が死亡時5,000円
本人入院時3,000円
怪我、病気で保険で払えない場合、1日通院5,000円以上は超過分を団費より支出。(指導員も含む)

第14条(規約の改訂)
この規約は、育成会総会の3分の2以上の賛成により改訂できる。

(平成16年3月21日 改訂)
(平成23年3月20日 改訂)
(平成24年3月18日 改訂)
  トップページ活動方針>団員規約